Browse By

混合ダブルスなど5部門で熱戦 テニス選手権

 第1回桐生タイムス杯テニス選手権大会が10月24日、相生コートで開幕し、混合90歳以上ダブルス部門に22ペアがトーナメントで王座を競った。熱戦の結果、小林聡・赤星廣美(前橋ローン)が優勝し、松島裕介(ATC)・多賀谷京子(クロノス)が準優勝した。

 2日目(31日)は、ペア合計年齢が90歳以上と100歳以上の男女別ダブルスの4種目が行われ、女子90歳以上で萩原由美子・藤吉智子(前橋ローン)、100歳以上で中里光枝(境野)・須江順子(サークルM)が優勝。また、男子90歳以上で和田吏示・福島大輔(ATC)、同100歳以上で増子相一(桐LAWN)・岩井慎(sky)が栄冠に輝いた。